京都在住          サンドブラストガラス工芸 作家アトリエ日記     創作活動・お気に入りの スポット・音楽・グルメ   などなど


by keiko-primavera
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

名古屋のヒロくん

名古屋の甥っ子 小6のヒロキの中学受験が本日の合否発表をもって無事終わりました
元々中学受験をするつもりが全く無かったヒロキは 昨年5月に大好きなおじいちゃんが亡くなった事をきっかけに 彼なりに色々考えたようです
私立中学の合同説明会で校長先生のお話をお聞きして いたく感銘を受けた或る中学の入試説明会に出向き
「この学校に行きたい」と自分で志望校を決めました
塾の先生から この学校の受験は今からでは間に合わないと言われても落ち込む様子もなく
8月から始めた半年足らずの受験勉強で 見事に本日 合格通知を受け取りました
全部で4校の私学を受験し すべりどめの3校は全て特奨生合格という快挙です
学費の全額免除や減額という条件を全て手放し
第一志望校でカトリックの教育を受けると決めたのです
入試フェアで教務課の担当者が大学入試合格率等 固い話で誘致を促す数々の中学の中
ヒロキの入学する学校だけは校長先生の神父様が出て来られ
世の中の事をよく理解し 世の為人の為に尽くせるよう 自分を高めるために学ぶという教育理念を説いたそうです
入れ替わり立ち替わり次々出てくる色んな学校のたった20分ずつのプレゼンテーションで神父様のお話に子供の心も親の心もクギ付けとなり
学校主催の入試説明会で親御さんが涙するような 一般的に感動する「愛について」のお話をお聞きして この学校に行こうと決心したそうです
この学校 本当に素敵な学校で 残念ながら合格でない通知を受け取る子供さん宛には校長先生からのお手紙が同封されるそうです
「おじいちゃんが死んでくれなかったら俺 受験してねぇし」と豪語するヒロキという一人の小学生に
なんだか不思議な子だなぁと
計り知れない伸びしろを感じ
親でもないのにこんな長文を書き
微笑ましい気持ちで感謝し
これからの彼の人生を非常に楽しみにしている おば馬鹿なガラス工芸作家であります
[PR]
by keiko-primavera | 2015-02-09 21:20 | 日記